タイ1week留学(チェタワン校)

アユタヤ遺跡と水上マーケット

オプショナルツアー

世界遺産アユタヤ遺跡を巡り、水上マーケットでのんびり過ごしませんか?

アユタヤ遺跡

バンコクから北へ約76キロ。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた中州にあるアユタヤは、14世紀、この地に400年余りの栄華を誇ったアユタヤ王朝の首都でした。東南アジア諸国との貿易で国際商業都市として繁栄し、多くの荘厳な寺院や黄金に輝く仏塔、優美な王宮が建設されましたが、18世紀に入って度重なるビルマの侵攻により衰退しました。現在残る遺跡群は、アユタヤ歴史公園として整備され、1991年にはユネスコ文化遺産に登録されました。世界中からの観光客でにぎわうタイ随一の観光地です。

アユタヤ水上マーケット

チャオプラヤー川の無数の支流や運河・水路を使った水運が発達するタイでは、昔から水上マーケットが盛んでした。
かつては水辺に住む人々や地元民の生活の一部として利用されていた水上マーケットは、今では観光客、なかでも外国からの観光客に大人気!
何ともエキゾチックな光景と、小さなボートでモノを売る人々の見事な舟さばきを見に、世界中からファンが押し寄せているのです。
現地の人は古い呼び方でアユタヤを「アヨタヤ」と呼んでいるそうです。ワットチャイモンコンの近くの池を中心に、新しい観光名所として造られたため、昔ながらの市場の雰囲気を残すダムヌン・サドゥアックとはちょっと雰囲気が異なりますが、その分衛生面でとても心配りがされているのが、観光客にはうれしいところです。
当ツアーはプライベートツアーとして、どのツアーより時間を長めにとっております。ボートトリップとタイの古典的な踊りの鑑賞券もセットになっておりますので、ボートで20分外周を回ったり踊りを鑑賞したりゆったり過ごして下さい。

この水上マーケットは、お土産物店や洋服店などがかなり充実していますし、カフェやタイ式マッサージ店もあり、そこで長旅の疲れを癒すこともできます。
何より飲食店がとても充実しているのがうれしいポイントです。
伝統的な食材からスナックやタイ・スイーツまで、まさによりどりみどり♪しかも価格はローカルプライスで、かなりお得!ぜひお腹を空かせて訪れて下さいね。
ちなみに、アユタヤは昔アヨデア(Ayodia)と呼ばれており、この水上マーケットもアヨデア水上マーケットが日本語での正式名称となっています。

プラパトム・チェディ

世界最大の仏塔。ナコーン・パトムの町の中心にある王族の眠る神聖な寺院。
改修が繰り返され、3世紀頃の建立当初は約40m、現在は120メートルを超える高さがあります。
ワット・プラパトム・チェディの本尊です。
境内は多くのタイ人巡礼者で賑わっています。
108の煩悩の数だけコインを入れ、心を浄化してお寺に入ります。
仏塔の周りは回廊になっていて、ここでお経を唱えながら歩いている方が沢山おります。
この回廊の裏には僧侶の学校となる僧坊があり、
たくさんの若い僧侶がここで勉強をしている姿を見ることも出来ます。

ワットポー分校チェタワン

ワットポーにはいくつか分校がありますが、チェタワン 校はホテルと併設したリゾートタイプのワットポーの中でも珍しい分校です。
朝はワットポー本校と変わらずお祈りをしてから授業に入ります。
バンコクにあるワットポータイマッサージスクールと違い教室や建物がとても広いのが特徴です。
リゾートタイプらしくジムやプールもあります。
他にもコーヒーショップで軽食を取ったり、足湯(水)で勉強の合間にクールダウンする事もでき、のんびりした時間を過ごす事が出来ます。
チェタワン校の特徴として、ハーブボールを一から作る授業もあります。
こちらの教室で様々なハーブを調合して、授業の最後にはオリジナルハーブボールを持って帰る事が出来ます。

こちらのツアーではオプションでハーブテントやハーブ蒸し、ハーブボール作りなどを体験出来ます。

瞑想とヨガ

授業の最後には教室借りきって1時間程度の復習や瞑想やヨガをする事もできます。(チェタワン校のみ)

ワットパクナム

バンコク三大寺院(ワットポー・ワットプラケオ・ワットアルン)とは、また一味違った仏教の世界が広がるお寺です。
ワットパクナム寺院の1番の見どころは、白い大仏塔の最上階にあるエメラルドに輝く仏塔です。
この仏塔はガラスで作られており、下からライトアップされているため、うっすらとエメラルド色に輝いて見えるのです。
そして仏塔のある空間は、天井を見上げると夜空のキャンバスにたくさんの星とブッタの生涯図が描かれています。
ワットパクナムは、観光名所というよりは地元の人たちが日常的に訪れる祈りの場となっており、お坊さんによる祈り聴きながら瞑想をする事が出来ます。


ツアー興味を持たれた方はお電話又はメールにてお問い合わせください。